トップページ | 掌編:『超!』 »

2006年7月14日 (金)

おバカ掌編:『超? ~もうひとつの物語~』

 超?

 サポートセンターに電話があったのが十時二分、十時四十八分ユーザー宅着、迅速確実真心が俺達のモットーだ。百十五歳、女性、上品な青白い顔と黒目がちな瞳が不安げに俺を見上げる。
「あ、あの、私どうなのですの?」
「あぁ、パルスは……。いつからなのか正確な時刻はわかりませんが、ぐっすりと睡眠中です」
「えっ、そんな! でも、私まだ十一時からはじまる〝夏のドテラ〟の再放送を視てませんのよ?」
「奥様、心配要りませんよ。新庄、あれを」

 リモコンを手に取ったタキシードの新庄に目配せした。
「はい……予約できました。まさに技術の進歩、HDDレコーダーは番組表付きで簡単録画です」
「まぁ、素敵。科学の勝利ね」

 彼女は胸の前で手を合わせた。
「いつでもどこでも(誇張)お楽しみいただけます。さぁ、マダム」
 新庄はスッとリモコンを彼女に渡す。

 白に青のストライプ、ひらがなのメーカー名が書かれた社用リムジンに揺られ、支社に帰る。ハンドルは入社半年の新庄の受持ち。俺は数週間前から飲み始めた〝コエンネーターT1000〟のおかげか気力充実、体調万全、お肌プリプリだ。こういう時は自分で運転したくなるから不思議だな。
「腹減ったぁ。今日の腹具合は半ペペロンチーノ半ナポリタンセットかな」
「じゃ、僕は、ピザ定食で」
「お、それもいいね……」

 ウチの会社は義体、義臓等のデヴァイスメーカーだ。このところ補助脳関連製品が注目の的になっている。ユーザーの生体脳が睡眠すると同時にちょいと一服するはずの補助脳が、なぜか機能し続ける。こんな事例が数年前からぽつぽつあった。それもこの数ヶ月で件数は急激に増え、ウチだけではなく他メーカーも対応に追われている。
「うまい話って本当にあるもんなんですね」
「うまい? 何、美味しい店でも見つけた? 教えろよぉー」
「はい? ……いえ、食事とかじゃなくてデヴァイスですよ」

 満車の立て看板と警備員がいるパチンコ店を横目に、「なぁんだ」と返す。
「ほら、僕らの世代って人生八十年って言われてたじゃないですか? それも今では百歳オーバーが普通なんですよね」
「あぁ、言われてたね。でも、そういうの聞かなくなってケッコウじゃない?」
「僕の八番目の弟くらいからは知らないみたいです」

 柴犬もいいなぁ、と散歩姿を追って「それで?」と促す。
「さらにくわえると、デヴァイスって性能も上がって、しかも安くなってるじゃないですか。最近じゃ五歳児でもデヴァイス率四割って言いますし」
「新庄さ、それ言葉が変だろ。〝デヴァイス率〟じゃなくて〝デヴァイス組み込み率〟だ」
「そうですね。……いや、そうじゃなくて。ん、そうなんですけど、それはどうでもよくて」

 ひらひらと手を振り、
「はいはい、わかった。わかったから続けて」
「で、ですね。デヴァイスってうまく使えば……例えば生体脳が寝ててもデヴァイスが起きててくれたら、深夜のテレビも生で観られるじゃないですか? ビデオもHDDレコーダーも否定しませんが、これってめちゃめちゃ便利ですよ」

 たぶん、俺は呆れた顔をしていたと思う。
「そりゃ正論だけどね。深夜番組見るためにデヴァイス使うなよ」
「だから、例えばの話ですよ。例えばの」

 バカバカしいと思ったのだが、俺の頭脳は三十三回転のレコードのように微妙な速度で回りはじめた。
「しかし、補助脳が働き者ならさっきのマダムのように素敵な老後を過ごせるのも事実。それってつまりさ、補助脳を鍛えればいいんだよな? なんでもひとり(?)でできるように」
「そうですね」

 俺は見えないパイプを咥えると、顎に手を当てた。
「刺激を与える、ってのはどうだ? 刺激を与えて鍛えるんだ」
「頭に電極でも刺すんですか」
「違う! 痛いだろ、それ。そんなんじゃなくてさ……工事現場のヘルメットの内側に、ツボ圧しのツブツブを貼って被る、とか」
「それも違いませんか? ……これはどうです? 頭の体操、エンドレスでひとりしりとり、って感じの」

 ひとつ唸った。新庄はキレル男、この素質は侮れない。俺も思わず意地になってしまう。
「あぁ、えっと、それも違う。違うぞ」
「えぇ、どう違うんです?」

 危機に対処すべく、俺は外へと希望を探す。
 赤信号で停車したスクランブル交差点、その電光表示版に文字が流れる。これだ!
「ミスコンだ! 補助脳のミスコン!」
「は?」

 心底わからないといった新庄の表情、言った俺も実はよくわからない。早く理由を探せ、探すんだ。
「つ、つまり……そう! ひとりしりとりは生体脳にとっても刺激なわけだ。俺が言ってるのは〝補助脳の補助脳による補助脳のための刺激〟なのさ!」
 今度の新庄は、少しわかるって顔だ。しかし、
「だったら、ツブツブだって……」
「過去は、忘れるためにある。見るべきは未来だぞ。なっ? 新庄」
「はぁ」
「帰ったら平沢係長に相談しよう。これはデヴァイス界の革命的イベントになるかもしれん。題して〝美女デヴァイスを見て補助脳を鍛えて長生きしようフェアー〟だ。ちょっと長いかな?」

 新庄のかなり不安げな顔を確認し、俺もそんな事できるわけないよな、と思った。リムジンが支社に着いたのはそれからほどなくだ。

 結局俺と新庄の不安は全く的中せず、イベントは本当に先日実現してしまった。補助脳が美人(?)補助脳の機能美に酔いしれる史上初の祭典となったのだ。
「〝ミス補助脳コンテスト〟、大成功でしたね」
「だね、ミサキちゃん。俺は、来る! って思ったよ、これ」
「先輩……適当な事を」
 新庄の呟きは聞かなかった事にしよう。
「部長もね、超褒めてたよ! 超大成功!」
 と左端のデスク、平沢係長だ。続けて向かいのデスク、同期の野田が、
「ちょ、超? 木島、今さら言い難いんだが、なんか変だろ?」
 手元のグラビア週刊誌〝ヨンデー〟の総天然色会場写真へ視線を落とし、
「うぅん。だよな、俺も思ってたんだ。準ミスのほうがグラマーだもんな。こう、腰がくびれてて」
 銀色に輝く数センチの補助脳、斜めにかかった極小タスキには〝ミス補助脳2005グランプリ〟とある。俺は準ミスのほうが妖艶だと思うんだが。
「腰? ここ腰だったんですね」
 新庄はやはりキレル男、飲み込みが早い。
「違うだろ」
 しぶとく野田は食い下がる。
「何が違うんだ? さぁ、言ってみろ」
 デスクに両の肘を突き、合わせた手を口に当てる。猫背で睨みあげるのも忘れない。
「方向性が違うと言うか、何かを忘れていると言うか」
 まるで雷に撃たれた感覚だった。俺は野田の言いたいであろう事にやっと気がついたのだ。
「なんて事だ! 野田、そうだ、大事な事を忘れていた」
「やっとわかったか」

 簡単な言葉がなんて重い。大きな成功の影にあった盲点、そこに気付いた今俺はそれを言わなくては。
〝ミスター補助脳コンテスト〟、しなくちゃな。(女性ユーザーのために)」
「木島、それも……」

 了










 読んでくださってありがとうございます!

 もし楽しんでいただけたようでしたら、

 小説ランキング投票にもご協力くださいませ。(^^

ブログランキング





|

トップページ | 掌編:『超!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41487/4506465

この記事へのトラックバック一覧です: おバカ掌編:『超? ~もうひとつの物語~』:

トップページ | 掌編:『超!』 »