« 2007年1月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年2月 1日 (木)

掌編:『モダーンラウンジ』

  モダーンラウンジ

「あっお義母さん! ……今日もお出かけ?」
 軽いハスキーボイスが友枝の背中に当たった。
「いえね」
 友枝は一文字ずつゆっくりと答え、曲がった背をゆっとり捻る。振り向いた先には台所に立つ嫁、長身で細身の小百合がこちらを見ていた。台所の磨り硝子は遅めの朝日を吸い込んで真っ白に光る。友枝にはそれが眩しくて小百合の表情まではわからない。
 ただ、つい三日前、孫の事で少々の衝突があってからなんとなく小百合のハスキーボイスに棘を感じていた。今になって思えば、小百合の意見は正しかったのだし、そうでなくても少し言いすぎたと後悔している。いつもよくしてくれて別段辛く当たられているわけではなかったものの、なんとなく、ただ何となく重たい空気に罪悪感を感じていた。
「ちょっとね」
 合いの手を入れられるくらいに間を置き、
「老人会のね、集まりに入って来ようかと思うのよ。お昼もそちらで頂こうと思うのだけど」
 小百合の様子を伺いながら伝えた。
 お気に入りのこげ茶のケープはもう肩にあり、よそ行きの帽子も手に持っている。行くな、とは言われないだろうが、事後報告をするようで気がひけた。
「あ……そう……」
 この酷く曖昧な声色は容認だろうか。声の主は元より美声とは言えないため幾分解釈が難しい。
 不明瞭な彼女の態度を受け、ちょっとものい(身体がだるい)から今日は家にいるわ、と口を開きかけたところに、
「いってらっしゃい」
 許しが出た。
「でも、あまり遅くならないでくださいね」
 条件付きではあるけれど、友枝は帽子を被り西向きの玄関から外へ出た。

続きを読む "掌編:『モダーンラウンジ』"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2008年1月 »