2006年8月31日 (木)

日記とかあとがきっぽいモノを微かに

 あとがきをちょっとだけ。

 ネタバレは無いのでご安心くださいませ。(^^


地図屋渡る河 船頭渡す河
 これはいわゆる『環境小説』です。
 まぁ、私の造語なんですが。
 雰囲気を楽しんでもらうために書いた、そんな感じです。


プチプチの漢
 おバカですね。
 はい、おバカです。
 私の“おバカ”系列は画のない漫画、そんなモノを目指して書かれています。
 しかし、本物の漫画には遠く及ばないのでそこが悲しいところです。


超!
 これはダーク路線ですね。
 初めて買った文庫本が星新一のショートショート集でして、今でも星先生の作風は私の心を力強くハグしてます。


超?
 上記作品のセルフパロディになります。
 オリジナルの主人公はかなり『イヤなヤツ』だったので思い切って『愛くるしいヤツ』にしてみました。
木島ぁ!


アリとキリギリス伝説
 有名童話のパロディです。
 言わなくてもわかってる?
 そうですか、わかりました。
「有名童話のパロディです」なんてもう言いません。
 ええ、言いませんとも。
 ゆくゆくはグーグルの『アリとキリギリス』検索でトップをとる予定です。
 ちなみに百ヶ年計画です。


自警自治組合
 未来形ファンタジー、とでも言えるのでしょうか。
 初めて書いた小説っぽいモノで、且つ初めて書いた長編です。
 私がどこぞの軍属だった頃に持っていたヤサグレ感をそのまま出しています。
 そう、テーマはヤサグレ。
 すみません、テーマは嘘です。
 ちなみに棒男のモデルは弐瓶勉作『BLAME!』の主人公だったりします。その相棒も敵のひとりがモデルです。
 大好きです、弐瓶先生の作品


仄暗い洞の中で
 純和風ホラー……を期待した方、ごめんなさい。
 ちょっと違います。
 でも……私だったらこんなのイヤです。
 怖いから。


華麗なる鈴木青年(21)の事件簿
 コメディですね。
 しかも、タイトルがまんま有名漫画のパクリですね。
 ちなみに天才とか美形とかキラキラ背景とかは出てきません。
 私はいまだ丸ごとバナナを食べたことがなくて、だから書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)